お知らせ

過去の記事「2019年1月」の一覧です。

2019年1月30日 (お知らせ)〔期間限定〕 おねはん団子の粉 販売中!

今年も恒例の期間限定商品、おねはん団子の粉を販売します。

 

富山県のお寺(主に禅宗系)では2月15日(または旧暦の3月15日)はお釈迦様の命日として、涅槃会という法要が執り行われますが、その際、おねはん(涅槃)団子と呼ばれる団子を作り、お供えする風習があります。

 

おねはん団子とは、直径2cm程度の米の粉で作った赤・白・黄・緑色の団子で、法要ではお釈迦様の舎利(お骨)に見立てられ、お経をあげた団子は、食べると一年無病息災、小袋に入れてお守りにすれば一年厄除けとして参拝者に配られます。

 

 

IMG_1890.JPG

 

 

麻生圓兵衛商店では毎年1月~3月の期間限定でおねはん団子専用の粉を販売しております。

 

内容量は使いやすい1kg袋の他に、5kg・22kgの業務用サイズも取り揃えております。  

 

 

IMG_5152.jpg

   (1kg袋)

 

 

IMG_5153.jpg

 (5kg袋)

 

 

おねはん団子の粉の原材料は贅沢にも良質な富山県産うるち米を100%使用し、お米の風味を最大に引き出す胴搗き製粉(スタンプミル)で丁寧に仕上げました。

 

味はもとより、ねはん団子にしたときの柔らかさと色の乗り、そして艶が違います!

 

通常は和菓子屋さんでも使用されている粉ですから、普通のお団子として食べても美味ですよ。

 

県外発送も承ります。

 

皆様のお越しをお待ちしております!

2019年1月25日 (商品情報)道明寺粉の季節となりました

春を代表する和菓子といえば桜餅。

 

ご存知の方も多いと思いますが、桜餅には道明寺粉(蒸したもち米を乾燥し粉砕したもの)で餡を包む関西風と、小麦粉生地を薄く焼いて餡を包み込んだ関東風の2種類があります。

 

この時期、麻生圓兵衛商店では関西風桜餅に使用する道明寺粉の製造がピークを迎え、連日、全国の和菓子屋様・製菓原料問屋様へと出荷しております。

 

 

関西風桜餅.jpg

 

 

道明寺粉は現在では和菓子用途として知られていますが、元来は戦国時代の保存食品である兵糧(干し飯)として用いられ、大阪にある尼寺、道明寺で作られたことがその名の由来とされています。

 

麻生圓兵衛商店では創業以来、良質な国産水稲もち米だけを使い、手間ひまかけた昔ながらの製法で道明寺粉を作り続けています。

                       

 

IMG_1891.JPG

 蒸したもち米を一昼夜かけてじっくりと乾燥させます。 

 

    

IMG_3757.jpg

 25kg入りの大袋。

 

 

IMG_3758.jpg

少量使い切りに便利な5kg小袋。 

 

 

IMG_1908.JPG

 1kg袋も対応致します。 

 

 

☆☆☆ こだわりの道明寺粉はこちらから ☆☆

2019年1月17日 ()新年のご挨拶

謹賀新年

旧年中は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年もお客様に満足して頂ける製品作りに社員一同取り組んでいく所存ですので、

変わらぬご愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

㈱麻生圓兵衛商店

代表取締役 麻生 哲志

Page Top ▲