お知らせ

2012年4月09日 (商品情報)こめこらむ ~柏餅の話~

和菓子屋さんでは桜餅の季節が終わると端午の節句に向けて柏餅と粽のシーズンへと移っていきます。

 

 

上新粉イメージ柏餅.jpg

 

 

端午の節句はもとは強い香気を有し厄を祓うと言われる菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)などを用い、無病息災を祈る日でした。

 

その後、武家社会に移るにつれ菖蒲と尚武(しょうぶ:武士武道を尊ぶこと)にかけて、武者人形や兜、鯉のぼりを飾る現在の端午の節句へと変化していきました。

 

柏餅に使用する柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから家系が続き子孫繁栄に繋がる縁起物として広まり、粽には邪気を祓う意味があります。

 

柏餅・粽に欠かせないのが上新粉(米の粉)です。

 

麻生圓兵衛商店ではお米本来の風味を活かした低温胴搗製法で丁寧に仕上げました。

 

 ☆☆☆ おすすめの上新粉(米の粉)はこちらから ☆☆☆ 

 

 

Page Top ▲